長鎖分割ポリリン酸とポリリン酸の違いを知る

ポリリン酸は育毛だけでなく、様々目的で利用されています。具体的には、生鮮食品(肉、魚、野菜)の鮮度維持、デンタルケア関係では歯周病予防やホワイトニング、設備の衛生管理など幅広く利用されています。


このポリリン酸は分子構造の長さによって働きが若干異なります。育毛分野で注目されているのが長鎖分割ポリリン酸で、その働きが「育毛命令」を持つ「情報たんぱく質」を助ける働きがあるためです。


情報たんぱく質の寿命は通常4~5時間しかありませんが、長鎖分割ポリリン酸と結び付くと約2.9倍長くなると研究結果が出ています。寿命が長くなれば発毛命令を毛乳頭へしっかり届ける事が出来るので注目されるわけです。


長鎖分割ポリリン酸はポリリン酸の1種類と考えると分かりやすいでしょう。長鎖分割ポリリン酸はポリリン酸の種類の1つである長鎖ポリリン酸を分離精製して有効な長さにしたものです。


長鎖分割ポリリン酸を配合した育毛剤で売れ筋No.1
発毛促進を直接的にサポートする薬用ポリピュア!ポリリン酸 育毛ならこれで決まり!